朱鷺書房
本の内容


太鼓叩いて人生行脚
太鼓叩いて人生行脚(書籍写真)
ラジオの音楽放送やイベントの舞台で、作者はさまざまな詩を作った。
「詩を書くということは、私が私にエールを贈ることだった。それがいつのまにか人生の応援歌になった」という30年の詩作活動から120編を収録。
著者喜多内十三造
定価本体価格2,000 円+税
刊行年月1993年 5月
サイズA4判変形上製
ページ数248 ページ
ジャンル一般・実用・随筆
ISBNコードISBN 4-88602-906-X
冊数 :